美容皮膚科について。

by author



美容皮膚科とは、皮膚の病気である場合ではなく美容を目的にした皮膚科の診療分野です。


皮膚の構造やメカニズムを研究し、その成果を治療に応用する皮膚科学と、美容分野が融合して作られた根拠ある美容治療を目的としています。ニキビの治療やシミやしわ、毛穴の開きや黒ずみ、皮膚の老化を改善するアンチエイジングなどの治療を行うほか、スキンケアの指導なども行っています。

美容皮膚科の情報はココで集まります。

しわやニキビを治療して終わりではなく、治療後のケアも行うことで、患者の悩みを解消します。

美容皮膚科の主な診療内容としては、しわ取りとして利用されるボトックス注射、しわの改善に使われるヒアルロン酸注射、薬剤を塗って皮膚の角質を剥がしやすくし、肌の新陳代謝を活性化させるケミカルピーリング、レーザーの光を利用して脱毛を行う、外用の局所抗菌剤や内服薬の処方でのニキビ治療、ワキガや多汗症、肌の乾燥の治療、痩身などを行っているのです。

オールアバウト関連情報サイトです。

美容皮膚科は、美容クリニックと呼ばれることもあり、皮膚の病気には対応していない場合があるため、疾患の疑いがある場合には皮膚科を受診することが大切です。

美容皮膚科は、薄毛の治療や男性向けのメニューを扱っていることがあり、エステサロンとは異なり医師が診察してくれます。



そのため、肌のトラブルや患者のコンプレックスなどを機能改善を中心に治療してもらうことができるため、安心して悩みを治すことができるため、現在人気になっているのです。